顧客共感、顧客志向、顧客満足
お客様の幸せを込めて、お届けする電子商取引の良い友達になります。
GFがお客様にお届けする約束です。

通関

お客様の幸せを込めて、お届けする電子商取引の良い友達になります。

1DOOR to DOORサービスとはなんですか。

DOOR to DOORサービスとは荷送人のドアから受取人のドアまでの複合運送を一環して配送する方式のことです。
荷送人が運送会社に依頼し、貨物の位置と集荷時間を指定すると運送会社が指定された場所と時間に顧客を訪問し貨物の集荷を行い、
空港までの内陸輸送、輸出通関、航空輸送と最終目的地国の空港から輸入通関、
内陸輸送の手続きを経た後、荷受人に直接貨物を配達するサービスです。

2リスト通関、個人通関、一般通関とは何ですか。 (輸入免税基準)

リスト通関とは、韓国内の通関時の輸入申告書上に記録された商品情報に基づいて、
通常の通関より簡単に通関手続きを完了する制度であり、リスト通関された製品は、基本的には免税です。
免税基準は、物品価額150米ドル以下、個人的な使用目的である場合にのみに該当します。
物品によっては免税対象外商品もありますので、必ず事前にご確認をお願いいたします。
免税基準に該当する場合、別途輸入手続きが必要なく、リスト通関で対応できない項目は、一般通関になります。その他、
法第226条の規定による税関庁確認対象物品でリスト通関が妥当でないと税関庁が認める物品、自己使用目的ではなく、
販売用目的の事業者通関は商品の合計金額がリスト通関基準額であってもリスト通関ではなく、また物品が混ざっている場合も、
一般通関が行われます。食品、医薬品、香水(60ml以上)、酒類などのいくつかの品目がその代表的な例です。

3HS codeは何ですか。

HSは1988年に国際条約として採択された国際統一商品分類システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)の略称です。
国際統一商品分類システムは、対外貿易取引商品を数値コードに分類して商品分類体系を統一することにより、国際貿易を円滑にし、
関税率の適用に一貫性を維持するためのもので、関税や貿易統計、輸送、保険など、さまざまな目的のために使用されています。
HSコードは10桁まで使用ができます。 6桁目までは世界共通で使用されるコードとして、前から1〜2桁目は商品の群別区分、
3〜4桁目は小分類で同じ類内の項目の種類別・加工度別の分類、5〜6桁目は細分類同一号内品目の用途・機能などによる分類で、
7桁目から、それぞれの国で細分化して使用する数字であり、韓国は10桁を使用しています。

4個人通関番号は何ですか。必ず必要ですか。

輸入国が韓国の場合、個人情報の流出を防止するために、個人の物品の輸入申告の際、住民登録番号の代わりに使用することができる、 個人通関固有符号制度が利用されています。個人通関固有符号(以後、個人通関番号)は、関税庁の発行システム (https://p.customs.go.kr)で認定証明書を取得後、申請すれば、すぐに付与され、一度付与された符号は、同じ番号で継続使用が可能です。 (ただし、アドレスもしくは連絡先の変更時に個人通関番号の内容の変更が必要)発給手続きは、次のとおりです。

  1. (1) https://p.customs.go.krにアクセス後、名前と住民登録番号を入力、確認
  2. (2) 本人認証のための方法(公認認証書または携帯電話認証)のいずれかを選択し、パスワードを入力
  3. (3) 必要事項6項目を入力、登録 - 個人通関番号の発行完了。
    韓国では、リスト通関基準額である150米ドル以下の商品を輸入する場合、
    個人通関番号は必須記載事項ではありません150米ドル未満で「あってもリスト通関の例外がありますので、その場合は発行が必要です。
5通関が遅延しているのですがどうすれば良いですか。

通関遅延の理由は、インボイス上の受取人情報の不一致、税金未納、物品の確認など様々な理由が考えられますので、
出荷日と出荷Air way bill番号で弊社CSチームにお問い合わせください。 FedEx Express公式サイト http://www.fedex.com/ でも簡単に確認することができます。

6出荷済みの物品の取り消し、返送は可能ですか。

出荷品の追跡は、出荷日と出荷Air way bill番号で弊社CSチームにお問い合わせください。貨物の配送進捗状況に応じて、
出荷国での返送と輸入国入港後の返送に分けられ、それに伴い追加返送料金が発生します。
例外としては、関税法第106条の規定による還付を申請する違約返送の場合に、最初の契約時に輸入者が注文した製品の破損やA / S、
モデルと仕様、色が異なる、製品の腐敗などの理由により、実際に輸入された貨物が購入した貨物と異なる場合、
当初の契約の物品を再輸入するための手続きです。
輸入申告受理日から1年以内に保税区域搬入した後再輸出、返送輸出をする必要があり、
追加書類(契約と異なる内容の還付申請、輸出者が違約返送を認める理由書など)が必要になります。
違約返送後の最初の輸入時に支払われた関付加価値税還付も行われます。
ただし、輸入者の個人的理由による交換、返金または物理的な理由による物品毀損の場合は、違約返送には適用されません。
また、輸出品の内、いくつかの物品の不足や不良が発生して代替品を発送する場合、すなわち、
代替補修による再輸入の場合も違約返送とは異なります。

7海外への輸出時、禁止品目は何ですか。

輸入国の関税法の規定に基づいて輸入禁止品目の確認ができます。輸入国が韓国の場合、関税法第226条の規定に基づき、
税関長確認物品及び確認方法指定告示輸出入禁止(税関告示第2009-33号)、リスト通関排除対象物品の代表的な例は以下の通りです。

  1. (1) 湿布、絆創膏、ガーゼ、包帯、抗生物質医薬品、アスピリン製剤、消化剤、頭痛薬、解熱剤、風邪薬、妊娠検査薬、育毛剤などの医薬品で処方箋がなければ購入できない医薬品
  2. (2) 漢方薬としての高麗人参、紅参など
  3. (3) 野生動物関連製品で「絶滅の危機に瀕している野生動物。植物の国際取引に関する条約(CITIES)」に基づく、国際取引の規制された物品で象牙製品、ワニ皮革製品、ヘビ皮製品
  4. (4) 農林畜水産物で検疫対象物品であるコーヒー(豆、粉)、茶、ナッツ、種子、原木、調製粉乳、キャット・ドッグフード、加工肉、チーズ類
  5. (5) 健康機能食品としてのビタミン、オメガ3製品、プロポリス製品、グルコサミン製品、葉酸製品、ロイヤルゼリーなど
  6. (6) 食品菓子類でビスケット、ベーカリー、調製コーヒー、紅茶、調製果実、ナッツ、砂糖菓子、チョコレート食品、ソース、混合調味料など
  7. (7) 化粧品として機能性美白、しわ改善、UVカット製品、プラセンタ化粧品、ステロイド剤含有化粧品や成分不詳の有害化粧品など そのほか、金銀塊のような貨幣、危険物、アスベストを含む危険性や可燃性のある品目、違法薬物、麻酔薬、毒物類、 ダイヤモンド原石、アルコールの含有量が多い可燃性の香水、スプレー式の化粧品類、人体の一部、ポルノなど税関での数量と重量、検査条件を制限された項目の基準を超えた貨物が禁止品目となります。
8発送 インボイス上のアイテム名はどのように記入すれば良いですか。

実際に発送する物品の記載で医薬品および健康機能食品などの誤った輸入申告を防止するため、
Vitamin ChildLife, Essentials, Liquid Calcium with Magnesium, Natural Orange Flavor, 16 fl oz (474 ml)
のように具体的に記入していただくようお願いしています。一般名称のみの記載はお控えください。

9合算課税とは何ですか。

出荷日が同一であったり、輸入国への入港日が同じ場合、または同一受取人の輸入件数が2つ以上の場合に入港した複数の到着物の1件のものとして取り扱い、インボイスを合わせて課税金額が150米ドルを超える際に関税と付加税を適用されることを合算課税と いいます。
同一受取人宛に同一日に2件以上の輸入申告時、入港日が異なる場合、自己使用目的であると認められれば個別免税となったり、税関庁の電算資料などを分析し、不当免税の嫌疑がある場合は事後合算追徴される場合があります。

10発送済み貨物に問題があります。分割通関、廃棄処分訂正、検疫はどのように行われますか。

通関が可能な物品と禁止物品が一緒に出荷され、一部のみ通関が行われている場合には、
補修作業を通じて分割的に通関ができる物品の一部を受領もしくは廃棄することができます。
この場合、必要書類と、追加で分割費用が発生します。発送書類と相違があったり、
間違って入力された事項を変更または訂正時にもインボイス訂正が必要であり、この場合にも、追加書類と手数料が発生します。
植物もしくはその成分が含まれている商品の通関の際は、輸入国の禁止品目に該当し、
税関の決定に基づいて検疫を実施をすることができ、これも手数料が発生するる場合があります。

11関付加税の計算方法が分からないです。

関税とは国税の1つで関税領域を通過する貨物に対して課せられる税金です。
関税=課税価格x、購入した品目の関税率が加算されます。付加価値税は、
取引段階別に商品や用役に新たに付加される価値で一般的な消費税としての付加価値税=(課税価格+関税)x0.1が加算されます。
つまり、課税価格=商品合計お支払い金額X関税庁告示為替レート+課税運賃です。

12課税運賃とはなんですか。グッドフレンドの運送料とは違いますか。

課税運賃は関付加税の計算のため、関税庁基準で作られていた国際配送費のことでグッドフレンドの運送料とは異なります。
課税運賃についての詳しい内容は下記の関税庁ホームページをご参考にしていただくか、弊社CSチームにお問い合わせください。
http://www.customs.go.kr/kcshome/site/index.do?layoutSiteId=airport

13輸入申告書を確認すると日本円で購入した商品の価格がウォン貨に変わって表記されます。
どのような為替レートを基準にしていますか。

関税庁で告知した告示為替レート表をもとに、通関の際に申告額を輸入国の通貨に変えて計算します。
関税庁告示為替レートは毎週日曜日に更新され、税関に申告される日を基準に告示された為替レートを適用します。

14品目別の関税率が気になります。

品目により関税率が異なるので、関税庁の品目別関税率を参考にしてください。
http://www.customs.go.kr/kcshome/getBuRyuList.po